デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
中島みゆき「夜会」2/2のこと

数週間前、待望の「夜会」に行ってきました
タイトルは2/2(ニブンノニ)
この作品、初演はなんと17年前の1995年、翌年がVOL.8「問う女」で、
その翌年もう一度2/2の再演、そして今回が3回目の公演でした
初演版のDVDを観たのですが、今回は曲も舞台装置も大幅に変えてありました

出版社の美術編集部に勤める「莉花」(中島みゆき)と日本画家の「圭」の物語、
一応そういうことなのですが・・

[ざっぱなストーリー]
・圭のアトリエ
出版社は地味な「圭」の絵を以前ほど評価してくれません、毎回書き直しです
それを伝えるのは莉花の仕事、そんな訳で度々圭のアトリエへ出入りします
でも、莉花は彼の絵のタッチが気に入っていて、そして数少ない理解者です

やがて二人の距離はゆるやかに縮まって行きます
何気ない会話にも幸せを感じるアトリエでのかけがえのないひとときです

ところがそんなとき決まって自虐的な「別の人格」が突然顔を覗かせます
心の奥底に棲むもう一人の自分が
「オマエは幸せになんかなってはいけないんだ」とささやきかけます
なぜか別の人格が邪魔をし、自身をたびたび苦しめるのです

やがて、そのおぞましい自分に何もかも支配されてしまい、そして確信します
「そう!やっぱりわたし、もともと幸せになんかなれないんだ!」
もう「狂気」です

すべてに絶望した莉花は圭には何も告げず、ベトナムへと旅立ちます

・ベトナムの安ホテル
あてもなく小さな町の安宿に身を置きますが、熱病に冒されます
気弱になってしまった莉花はホームシックに・・
あげく、フラフラとさまよっていた市場でひったくりに遭い犯人を追いかけていて
交通事故に遭ってしまいます
(莉花の背後でヘッドライトが激しく光って・・暗転・・) 
     ・・・・ここで20分間の休憩・・・・

・ベトナム竹製品加工場
事故のときたまたま居合わせた竹製品加工場の女工場主とその娘が莉花の様
子を見かねて家へ連れ帰り介抱、そののちも家族のように接してくれます
やがて傷も癒え元気を取り戻した莉花は、「この地で生きてゆこう」と決意します

一方、圭は莉花の手掛かりを求めて厳冬の福井、新潟を訪ね、莉花にだけ明か
されなかった出生の秘密を知ります
方々探し回ったあげく、ようやくこの小さな町で莉花と再会、新潟の産院で莉花
をとりあげたという看護婦長の話をします

「貴女は双生児の妹、でもお姉さんはこの世に生れ出ることはなかった」
「でも、姉さんがこの世に出てこれなかったのは貴女のせいじゃない」
「自分のへその緒が首に巻きついて・・・」
思いもしなかった突然の話に莉花は驚愕し、うろたえますがますが、
やがて今まで自分を苦しめていた「何か」がぼんやりと見えてきます

自分が幼いころ、蚊帳の中で夢うつつの中で聞いた
「莉花がもっとはやく出てくれさえしていたらあの子は死なずにすんだのに・・」
「あの子のせいで茉莉は・・」
「シーッ!莉花に聞こえるわよっ!」
「大丈夫、ぐっすり眠ってるから・・」の肉親のひそひそ話

夢の中の会話とも現実ともつかぬ、幼児期の頃のあのおぼろげな潜在的記憶が
フラッシュバックして、これまで莉花を苦しめていたのです

圭の話を聞いていくうちにゆっくりと「呪縛」から解き放たれる自分を感じ・・      

おおむねこんなストーリーでした
コンサートなら途中MCが入ったり、ミュージカルなら曲が終わったとき拍手した
りしますがこの「夜会」はそのどちらにも属さない全編音楽で埋め尽くされた夢の
様な空間、本当に不思議な世界でした

舞台いっぱいの竹林の中、着物姿の莉花の姉(茉莉)の「魂」がぼーっと灯った
ちょうちんを持って、うす暗がりの中をこちらへ歩いてくるシーンが印象的でした

素晴らしい演出
素晴らしい舞台美術
素晴らしい演奏(お馴染みの面々がみんな奈落の底で熱演しておりました)
素晴らしい歌声(でも知っている曲は「二隻の舟」の1曲だけ)

次また大阪でやることがあったら是非行こうと思っています
会場ロビーの様子
コンサート等は6時半か7時開演が普通なのですが「夜会」はいつも8時が開演
終わったのが10時半すぎ名塩サービスエリアでうどんを食べたあと少しゆっくり
して、結局、家にたどり着いたのは1時前でした

「安土城」も「時計」も止まったまんま、
そのうち・・・そのうち・・・で「時」だけがいたずらに流れております















 
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ユーミンコンサート「Road Show」
きのう、松任谷由実のコンサートに行ってきました
前回のユーミンはちょうど2年前の今頃、
安土城をやりだして半年くらい経った頃でした
この間この人は新しいアルバムを作りあげ、
さらに全国ツアーまでやってのけているというのに、
当方ときたら、いまだに「天空の城」です (ひとりごと・・)





ショーのラストです
もちろん車は本物、左手から走って来て舞台中央でユーミンを乗せ、
右手に消えて行く、という心憎い演出でした
そのあとアンコールで4曲歌って終演でした
写真はすべてパンフレットからの転載です

今回のアルバムRoad Showからの曲がメインでしたが、
懐かしい曲もかなりありました
舞台演出はいつもながら予想を裏切らない素晴らしいものでした
アンコールの最後の最後で「卒業写真」歌ってくれましたし、もう大満足です
2時間余、しばし現実を忘れさせてくれた楽しいひとときでした

| imajin | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
心揺さぶられる中島みゆきの歌
You Tubeに
「がんばれ!日本 小さき負傷者たちのために」
という動画がアップされています
よろしければ・・

(これはただの写真です)

ついでに、
人生で大きな挫折感を味わった経験のある方は、
「永遠の嘘をついてくれ」を・・
(嬬恋で吉田拓郎と一緒に歌っている動画)
みゆきの詩にきっと共感できるはず
それと「歌姫」・・
この曲も挫折がテーマ、悲しいです、でも、すばらしいです


いま生きていることが辛くてしかたがない人には、
「誕生」を・・
命の賛歌です、生きていることのすばらしさを感じさせてくれます
(一番最後のフレーズがたまりません)

当方のように大した学歴もなく、
でも、
それでもふんばっている人には、
「ファイト」を・・
私にとってすばらしい応援歌です

そして、
仕事「命」のどうしようもない昭和の人間には、
もちろん、
「 地上の星」「ヘッドライトテールライト」それに「重き荷を負いて」を・・

すべてYou Tubeでご覧いただけます
ついでの方が長くなってしまいましたが、
「小さき負傷者たちのために」だけでも是非ご覧ください
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
中島みゆきTOUR2010~2011

昨年12月7日と10日それに今年の1月25日
念願の「みゆき」に行ってきました
年をまたいで計5回、神戸での公演がありました
12月10日の公演のあと東京、愛知、福岡、
また東京、滋賀、そして最後が再び神戸です、
大阪フェスティバルが使えないので神戸での
公演が5回になったのだとご本人が申しておりました

演奏曲目
 1.今日以来
 2・翼をあげて
 3.愛が私に命ずること
 4.二隻の舟
 5.サバイバル・ロード
 6.時刻表
 7.夜曲
・・ここで10分間の休憩・・
 8.真夜中の動物園
 9.夢だもの
10.しあわせ芝居
11.銀の龍の背に乗って
12.Nobody Is Right
13.顔のない町の中で
14.鷹の歌
15.時代
・・アンコール・・
16.悪女
17.たかが愛  これで終演でした

1・8・9・14はニューアルバム「真夜中の動物園」からのもの
このアルバム、1カ月前ぐらい前に買って以来繰り返し聴いていました
中でも「鷹の歌」が好きで、今回、本人もかなり「リキ」を入れて歌って
くれましたので、この点では満足です
(2と3はこのひとつ前に出されたアルバムの曲です)


それに大好きな「二隻の舟」、
この曲「夜会」以外で歌うのは初めてとのこと
アンコール前の「時代」もいい感じでした

でも、正直なところ「しあわせ芝居」や「悪女」はいいから、
「遍路」、「ホームにて」、「歌姫」、「ファイト!」、
「命の別名」、「糸」、「重き荷を負いて」、「誕生」、
「ヘッドライト・テールライト」などを歌って欲しかった
特に「誕生」を聴きたかったですね

覚悟はできていたとはいうものの、歌い終えた後のMCの
例の素っ頓狂な声はどうも最初馴染めませんでした
俄ファンなもんで・・
それと前述の通り期待していた曲をほとんど歌ってくれなかった
ことがかなり不満でした
楽曲がたくさんあるというのも良し悪しですね〜
もう一人の「美幸」のコンサートならわたしのお望み通り、
「ふたり酒」は絶対に唄ってくれるはず・・

それともうひとつ残念だったことは、
やれパンフレットを買え!だの(ちなみに3千円)、
やれ新しいアルバムを買え!だのと、うるさかったこと
どんな事情があるのかはわかりませんが、あまり気持ちよく聞け
ませんでした
昔、京都にベンチャーズを聴きに行った時、新しく出したCDを掲
げて、「買え、買え」と、しつこかったのを思い出しました
彼らはもうお歳ですし、ファンと言ってもエレキサウンドをなつかし
がって足を運ぶほんの一握りの人たちですし、まぁー許せました、
それでもやはりあまりいい気はしませんでしたけどね・・

それを日本国から賞まで貰った「天下の歌姫」がなんやねん!

それとあともうひとつ、
ロビーで例の如くグッズを売っている一角に記念スタンプを押す
コーナーがあって、これを押すのには、みゆきのファンクラブの
なんちゃらパスポートが必要とのこと
若いコが「まだファンクラブに入会しておられない方はこの機会
にどうぞ!」と連呼している、入会金500円 何とも商魂たくましい


2回目
曲もMCもほとんど同じ、でもMCやメンバー紹介は1回目よりは
具材が多い感じで、すこしよかったような気がしました
相変わらず「買え、買え」は同じでしたが耳が慣れたのか最初ほ
ど気もなりませんでした
歌ってくれる曲は判っていましたので雑念もなくじっくり聞けました
最初よりは演奏も含め心がこもっていたような・・
気のせいでしょうけどね

3回目
明日でツアーの全日程が終わるという千秋楽前日、
私も歳ですし・・、みゆきだって決して若くはないし・・、
「鷹の歌」をもう一度聴きたいし・・
今度いつ聴けるか何の保証もないことだし・・、
今年の目標は「あとに悔いを残さない」だったし・・、
ということで、最後の日のチケットがどうにか手に入らないものかと
仕事を終えてから国際会館へ足を運びました

会場付近では例によって、
「余ったチケットないか〜」、「チケットあるで〜」とダフ屋が影のよう
に付近の人に声を掛けていました

[以下ダフ屋とのやりとり]
うろうろしている風さいのあがらない痩せた中年の男の方に寄って
行くとすぐに目が合いさっそく声を掛けてきた
「兄ちゃん、チケットやろー、あるで〜」
「明日の最終日のチケットが欲しいんやけど、ないですかー」
「明日の分なんか今日誰も持っとるかいな、
  今日のんやったらええ席あるで〜、前の方の真ん中や」
「どうしても明日のが欲しいんやけど・・・、明日また来てみますわ」
「明日最終日やろ、誰も手放すかいな」
「やっぱりやめときますわ」と行きかけた時、
「安ぅーにするわ、ホンマにエエ席やで〜」とチケットを見せてくる
前から10列目中央やや右より、本当にいい席でビックリ、
どうしようかと迷っていると、敵はその事を素早く察知したらしく、
「いまなんぼ持っとんや」と私の目をのぞきこむように聞いてきた
「2万円」と言うと、すぐさま少し離れた場所へ連れて行かれた
チケットを手に取り迷っていると「1万5千円でええわ」と折れてきた
結局「商談成立」、
そのあとヤツは逃げるようにすぐさまどこかへ去っていった

中に入り席に着きかけるとすぐに隣の席の人のよさそうな中年の男
が声をかけてきました
「それ僕のチケットだったんですわ、姉と来る予定だったんですけど
都合で来れなくなってしまって、ほんの今、表で売ったんですよ」
「いくらで買われました?」と聞いてきた
話によると8400円のチケットを8000円で買い取ってくれたらしい
開演までのあいだこの人と少し話したのですが、どうやらお姉さんが
みゆきのファンクラブに入っていてこの席が取れたとのことでした

それにしてもえらい良心的なダフ屋
です、
 もっと買い叩くものかと思っていました

中身は同じでしたが、
歌もMCの「お便りコーナー」もこの日が一番良かったような気がします


 
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「井上陽水」コンサート
 昨日「陽水」のコンサート行ってきました
今回で3度目ですが一番良かったと思います
バックはギターとキーボードが2人それにパーカッションのみ、
いたってシンプルな編成でした
低い音を極端に抑えたギター、それにパーカッション(ドラム)も
ほとんどの曲を素手で控えめに叩いていて、スティックを使って
演奏していた曲はほんの数曲だったような気がします
その分、陽水のあの透明感のある歌声がホール中に響き渡り、
特にバラードはやさしくしっとりと心に響いてきました
本当に素晴らしいコンサートでした

「演奏曲目」
 1.リバーサイドホテル
 2.飾りじゃないのよ涙は
 3.ミスキャスト
 4.闇夜の国から
 5.MAP(新曲)ブラタモリの最後に流れるやつ
 6.自然に飾られて
 7.覚めない夢(新曲)
 8.真珠
 9.タイランドファンタジア
10.断絶
11.もしも明日が晴れなら
12.限りない欲望
13.東へ西へ
14.虹のできる訳
15.Just Fit
16.少年時代
17.長い坂の絵のフレーム
・・・・アンコール・・・・
18.氷の世界
19.招待状のないショー
20.積荷のない船
21.いっそセレナーデ

こうしてみると、往年の曲が大半です
そして、まさか「断絶」を歌ってくれるとは思いもよらないことでした
この曲、40年くらい前の曲です
MCの途中、ビートルズの名曲「アンド・アイ・ラブ・ハー」を弾き語りで
ちょっとだけ聴かしてくれましたが、これがまた最高によかったです

昨年秋、4年ぶりに「魔力」というアルバムを出したのですが、その事には
歌う前に、ほんの少し軽く触れただけ、
だれか(みゆき)とは大違い!

日付が前後してしまいますが「みゆき」に関しては後日詳しく書きたいと
思っています(何せアホみたいに三度も行ったんですから・・)

すべての曲に大満足!
特に、ラストの「いっそセレナーデ」は素晴らしすぎて・・
もう「言葉が見つからない」といったところです



| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
test

 




テスト中です お騒がせしております
うまくいったような・・

| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「吹奏楽演奏会」のこと

今日、友人の定期演奏会に行ってきました
この吹奏楽団、県下のコンクールで幾度も金賞を受賞したことのあるそれに歴史
ある楽団なのです
ここで友人はフルートを吹いており、震災のすこし前から15年以上ほぼ毎年聴き
に行っています
   今回のラストを飾った曲は、
     交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」
       「よしっ、明日からもがんばろう!
                  ものぐさな私をその気にさせるものでした
                
 左手にはピアノがあったのですがこの写真では写っていません
 それにしても吹奏楽ではピアノの音はほとんど聞こえてきませんね
 一生懸命演奏に加わっているのに・・(素人だから聞こえないのかもしれません)
 でも、1部と2部の幕間では思いっきりその存在をアピールしておりましたけど・・
 
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
おめでとう 中島みゆきさん
 
私の大好きな「中島みゆき」さんが紫綬褒章を受章されました
大ファンです、が、ファン歴は浅いです
数年前まで「時代」や「わかれうた」それに他の歌手に提供した数曲を知ってるぐらいでした
たまたまBOOK OFFで買った吉田拓郎のベストに入っていた「永遠の嘘をついてくれ」という曲が
私には衝撃で、その後の「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」でもう熱烈なみゆきファンになってしまいました
ここ数カ月、安土城を作っているあいだ中ほとんど聴き続けています
「みゆきの歌は暗い」とよく言いますが、とんでもない!(私も誤解してました)
彼女の歌には前向きな物が多い、ですから彼女の歌からいつも「勇気」と「元気」をもらっています
上記の4曲も含めわたしに元気をくれる好きな曲を挙げてみます
 
 「誕生」
 「糸」
 「ファイト」
 「重き荷を負いて」
 「命の別名」
 「あのさよならにさよならを」
 などです  ※世の中がいやになったら「誕生」を是非・・・
 
まだ彼女の歌の半分も知りません
ですから古いアルバムであろうがなんだろうが私にはすべての曲が新鮮です
何と言われようが、私には今が「旬」
(彼女の歌の守備範囲の広さにはまったく驚かされる)
今後とも聴き続けます

それにしても、DJやってる時やインタビューに答えている時のあの「軽さ」はなんなんでしょうね
(今回の受賞のコメントもしかり!)
ギャップがすごすぎる

 結論「おんな」はわからん!
                 (やっぱり「嫁さん」にはしたくない!)


| imajin | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
「ユーミン」と「ゼロ戦」


オリジナルポスター(手帳の表紙にローソンチケットの本文を破って貼りました)
きのうユーミン行ってきました がんばってましたよ 行ってよかったです
今までのどのコンサートより年齢の幅が広かったように思います
アンコール 瞳を閉じて
   アンコール曲は私の大好きな「瞳を閉じて」でした

    創刊号だけ買ってみました あとは買いません
プロペラ部分(上は磨いたもの下は手を加えていないもの)
さわり心地がやさしくぬくもりを感じます、キーホルダーにでもします

| imajin | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
Welcome To The Imajin Machine
右府さま、ランビさまはじめ音楽好きのすべての皆さまへ
私、音楽が好きです、築城時はほとんど音楽を流しながらの作業です
一時はC-UTE、その後拓郎、最近は中島みゆきを良く聞いています
ポップス、フォーク、歌謡曲、ロック、モダンジャズ、クラッシック、民族音楽なんでも聞きます
とにかく音楽が好きです ただ、なぜか声楽だけは苦手 
残念なことにフォークギターは挫折いたしました
この写真は私が「風」になってしまったとき、流してもらうことになっている自分の中の最高
 [SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND] Part 1 が入っている
 PINK FLOYDの「」のジャケットです
炎(あなたがここにいてほしい)

WISH YOU WERE HERE
「なんでも聞きます」という割にはのめり込んでしまったらそのアーティストばかり、
したがって「幅」はかなり狭いです
 おすすめ曲などあればぜひ教えてください 聞いてみますので…
| imajin | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>