デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 「井上陽水」コンサート | main | 所要時間4時間 >>
中島みゆきTOUR2010~2011

昨年12月7日と10日それに今年の1月25日
念願の「みゆき」に行ってきました
年をまたいで計5回、神戸での公演がありました
12月10日の公演のあと東京、愛知、福岡、
また東京、滋賀、そして最後が再び神戸です、
大阪フェスティバルが使えないので神戸での
公演が5回になったのだとご本人が申しておりました

演奏曲目
 1.今日以来
 2・翼をあげて
 3.愛が私に命ずること
 4.二隻の舟
 5.サバイバル・ロード
 6.時刻表
 7.夜曲
・・ここで10分間の休憩・・
 8.真夜中の動物園
 9.夢だもの
10.しあわせ芝居
11.銀の龍の背に乗って
12.Nobody Is Right
13.顔のない町の中で
14.鷹の歌
15.時代
・・アンコール・・
16.悪女
17.たかが愛  これで終演でした

1・8・9・14はニューアルバム「真夜中の動物園」からのもの
このアルバム、1カ月前ぐらい前に買って以来繰り返し聴いていました
中でも「鷹の歌」が好きで、今回、本人もかなり「リキ」を入れて歌って
くれましたので、この点では満足です
(2と3はこのひとつ前に出されたアルバムの曲です)


それに大好きな「二隻の舟」、
この曲「夜会」以外で歌うのは初めてとのこと
アンコール前の「時代」もいい感じでした

でも、正直なところ「しあわせ芝居」や「悪女」はいいから、
「遍路」、「ホームにて」、「歌姫」、「ファイト!」、
「命の別名」、「糸」、「重き荷を負いて」、「誕生」、
「ヘッドライト・テールライト」などを歌って欲しかった
特に「誕生」を聴きたかったですね

覚悟はできていたとはいうものの、歌い終えた後のMCの
例の素っ頓狂な声はどうも最初馴染めませんでした
俄ファンなもんで・・
それと前述の通り期待していた曲をほとんど歌ってくれなかった
ことがかなり不満でした
楽曲がたくさんあるというのも良し悪しですね〜
もう一人の「美幸」のコンサートならわたしのお望み通り、
「ふたり酒」は絶対に唄ってくれるはず・・

それともうひとつ残念だったことは、
やれパンフレットを買え!だの(ちなみに3千円)、
やれ新しいアルバムを買え!だのと、うるさかったこと
どんな事情があるのかはわかりませんが、あまり気持ちよく聞け
ませんでした
昔、京都にベンチャーズを聴きに行った時、新しく出したCDを掲
げて、「買え、買え」と、しつこかったのを思い出しました
彼らはもうお歳ですし、ファンと言ってもエレキサウンドをなつかし
がって足を運ぶほんの一握りの人たちですし、まぁー許せました、
それでもやはりあまりいい気はしませんでしたけどね・・

それを日本国から賞まで貰った「天下の歌姫」がなんやねん!

それとあともうひとつ、
ロビーで例の如くグッズを売っている一角に記念スタンプを押す
コーナーがあって、これを押すのには、みゆきのファンクラブの
なんちゃらパスポートが必要とのこと
若いコが「まだファンクラブに入会しておられない方はこの機会
にどうぞ!」と連呼している、入会金500円 何とも商魂たくましい


2回目
曲もMCもほとんど同じ、でもMCやメンバー紹介は1回目よりは
具材が多い感じで、すこしよかったような気がしました
相変わらず「買え、買え」は同じでしたが耳が慣れたのか最初ほ
ど気もなりませんでした
歌ってくれる曲は判っていましたので雑念もなくじっくり聞けました
最初よりは演奏も含め心がこもっていたような・・
気のせいでしょうけどね

3回目
明日でツアーの全日程が終わるという千秋楽前日、
私も歳ですし・・、みゆきだって決して若くはないし・・、
「鷹の歌」をもう一度聴きたいし・・
今度いつ聴けるか何の保証もないことだし・・、
今年の目標は「あとに悔いを残さない」だったし・・、
ということで、最後の日のチケットがどうにか手に入らないものかと
仕事を終えてから国際会館へ足を運びました

会場付近では例によって、
「余ったチケットないか〜」、「チケットあるで〜」とダフ屋が影のよう
に付近の人に声を掛けていました

[以下ダフ屋とのやりとり]
うろうろしている風さいのあがらない痩せた中年の男の方に寄って
行くとすぐに目が合いさっそく声を掛けてきた
「兄ちゃん、チケットやろー、あるで〜」
「明日の最終日のチケットが欲しいんやけど、ないですかー」
「明日の分なんか今日誰も持っとるかいな、
  今日のんやったらええ席あるで〜、前の方の真ん中や」
「どうしても明日のが欲しいんやけど・・・、明日また来てみますわ」
「明日最終日やろ、誰も手放すかいな」
「やっぱりやめときますわ」と行きかけた時、
「安ぅーにするわ、ホンマにエエ席やで〜」とチケットを見せてくる
前から10列目中央やや右より、本当にいい席でビックリ、
どうしようかと迷っていると、敵はその事を素早く察知したらしく、
「いまなんぼ持っとんや」と私の目をのぞきこむように聞いてきた
「2万円」と言うと、すぐさま少し離れた場所へ連れて行かれた
チケットを手に取り迷っていると「1万5千円でええわ」と折れてきた
結局「商談成立」、
そのあとヤツは逃げるようにすぐさまどこかへ去っていった

中に入り席に着きかけるとすぐに隣の席の人のよさそうな中年の男
が声をかけてきました
「それ僕のチケットだったんですわ、姉と来る予定だったんですけど
都合で来れなくなってしまって、ほんの今、表で売ったんですよ」
「いくらで買われました?」と聞いてきた
話によると8400円のチケットを8000円で買い取ってくれたらしい
開演までのあいだこの人と少し話したのですが、どうやらお姉さんが
みゆきのファンクラブに入っていてこの席が取れたとのことでした

それにしてもえらい良心的なダフ屋
です、
 もっと買い叩くものかと思っていました

中身は同じでしたが、
歌もMCの「お便りコーナー」もこの日が一番良かったような気がします


 
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/182