デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 「山田錦」の里 | main | デアゴ「和時計をつくる」買いました >>
届け!日本のこころ
私の古くからの友人が、
「被災地にフォークリフトを送ろう!」
と、みなに呼びかけ、この度夫妻のご尽力でやっと実現しました

8月26日付の神戸新聞朝刊に大きく取り上げられました

そのアップです
子供たちが手にしているのはメッセージを書いたステッカーです
土曜日の昼前に現地に到着して、ボディに貼りつけてくれたとのことです
話によると、その最中、それまで腰の当たりまで水に浸かりながらガレキの撤去作業をしていたどこかの学生ボランティア80人ほどが寄ってきて、各々メッセージを書いて 貼ってくれたとのことでした
    


「出番を待っているところ」
新潟の工場での整備、手続き、化粧直し(塗装)もぬかりなし!

そう!かわいくなって新登場!

「ねこの手1号」
これがこのリフトの名前です

この写真では橙色に見えますが、本当は目にも鮮やかなピンク色です
先方が希望された色だそうで、今や無彩色になってしまった景色の中、
やけに輝いて見えたそうです

      
      「肉球」
       このイラスト、プロのデザイナーに描いてもらいました

ここまでたどり着くのにかなりの紆余曲折がありました
資金集め、リフト調達のむつかしさ、贈り先の選別、引渡しの日程調整などなど
(とは言っても当方電話で話を聞くだけ、何もしてないんですけどね)

一口に「支援」と言ってもなかなかむつかしいもののようですね〜
本来なら、遅くともあと1ヶ月は早く贈れていたはずなんですが・・

日々の仕事をこなしながら孤軍奮闘、結果を残したダンナもさることながら、
資金集めに知恵を絞り奔走していた奥方、これまたスゴイ!

ともあれ、この先も2号3号と続けて行こうと話しております

日曜日の、いや月曜日の午前2時過ぎには自宅に帰れるとのことですので、
後日、その時の現地の様子教えてもらってアップしますね
 

| imajin | なんでもかんでも | comments(2) | trackbacks(0) | - |
山城守 (2011/08/28 12:08 PM)
こういう話題に触れるとなんだか胸がキュンとなりますね。
まだまだ世の中捨てたものじゃないと。
ねこの手2号には微力ながらも参加してみたいです。
imajin (2011/08/28 6:45 PM)
こんにちは山城守さん
長期ロードご苦労様でした

>まだまだ世の中捨てたものじゃない・・
そうですよ、大半の日本人は昔のまんま、
義理も人情も忘れちゃいませんよ

>ねこの手2号には微力ながらも参加して・・
今からのスタートですが、具体化したら是非お願いします
新聞記事の写真、差し替えて少しは見やすくなってます
今日の昼に取り直しました

また寄ります









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/211