デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 「火天の城」やってます | main | ピンクのフォークリフト「ねこの手1号」 >>
「和時計をつくる」2号到着(改)
隔週と書きましたが、毎週らしいです
どうやら本屋さんの勘違いだったようで・・
よく確認しなかった当方も悪い
安土城は1,490円でしたが、
この分は1,990円とかなり高めです

「目次」
和時計探訪・・・・・・・・・・・櫓時計(一挺天符のことなど)
時計物語・・・・・・・・・・・・・錘で動く室内時計(中世ヨーロッパ)
サイエンステクノロジー・・エレキテル(平賀源内)
組立ガイド(3ページ)
時の千夜一夜・・・・・・・・・南天に輝く振り子時計「星座・・時計座」
となっています(表紙共全16ページ)
古時計の写真がどれも素晴らしいです
平賀源内のエレキテルの仕組みの説明もそのイラストもなかなかのもの、
(本文はまだ全然読んでませんが、ちょっと見た感じなんか楽しそう)
上の写真の左側に次号のパーツ予告があります

これが今号のパーツ
以下「組立ガイド今号の作業」の一部です







100円玉と同じ厚みがあり、結構な重さです(拡大してどうぞ)

余談ですが・・
会社のすぐ近く、この本屋さんで買ってます
「安土城」も、「空母赤城」も「鉄道模型少年時代」も、「零戦」も、
それに「ロボゼロ」も全てここで買いました(安土城以外は1号か2号で止めてますが・・)

マニュアル応対ではない、こころが通い合う温かな空間、私の本屋さんです

さて、
本当のところ、どうしようか迷ってます

・・どうしましょう・・

「ロボゼロ」のように10分で完了、ということはなさそうですが、
多分1時間も掛からないでしょう・・悩んでいるのはこの部分、
それとあとひとつ、
オリジナリティが出せそうにないこと、これも迷っている一因です

〜どうしましょうね〜

それにしても月8,000円の出費、これはもう尋常じゃない
〜本当に困った〜

とにかく2号分だけでも作業してみます
近々感想などアップしますね
| imajin | なんでもかんでも | comments(5) | trackbacks(0) | - |
山城守 (2011/09/14 10:31 PM)
こんばんは。
和時計の製作どうされますか?
当方も作りたいのは山々なれど、道楽に今以上の出費もきついし、タバコもやめられないし……で、悶々としております。
それに、安土城ほど作る愉しみが続かないような気もして。
あっ、これはあくまで私の印象でして……。
ちいさなきょじん (2011/09/17 2:10 PM)
作業内容は、前回に引き続き、墨入れなんですね。
そういえば、創刊号で墨汁や筆、磨き布まで付属しているなんて、至れり尽くせりですね。
わたしの場合、毎号10分くらいがちょうどいい気がします。
安土城の垂木のように、気が遠くなるような作業がなさそうで、いいような気もします。
それと、この本屋さん、いいですねぇ。
ブログにアップしちゃったりすると、翌日には行列ができていたりして・・・。
隣の食堂も気になります。洋食もやってるなんて・・・。
imajin (2011/09/18 12:53 PM)
こんにちは山城守さん
時々寄らせていただいてますよ
返事が遅れてすみません

>和時計の製作どうされますか?
迷ってます、とりあえず今日手を付けてみようかと思っています、まだ何もしてませんので・・

>タバコもやめられないし・・
なかなかね〜同様です
値上げになる前にしこたま買い込んで、今度の震災の折にも買いだめして・・
目の前にいくらでもあるもんだからスパスパ、
今逆に以前より本数が増えてしまいました
もうこうなったらやめません
やめるのをやめます

>安土城ほど作る愉しみが続かないような気も・・
>あっ、これはあくまで私の印象でして……。
作業量は大したことなさそうですので、問題ないのですが、楽しいかどうか・・
これが一番の問題ですね
でも原寸大で歯車の組み合わさった真鍮のピカピカ写真を見せられると、子供の頃、ゼンマイの壊れた時計をオモチャが代わりにして遊んでいた頃を思い出し・・
「デアゴめ!イタイトコロヲツイテキヤガル!」
それにしてもちょっと高すぎますよね〜

また寄ります






imajin (2011/09/18 1:31 PM)
こんにちは、ちいさなきょじんさん

>作業内容は、前回に引き続き、墨入れ・・
そうです、でも直ぐに終わるでしょうね

>わたしの場合、毎号10分くらいがちょうどいい気がします・・
きょじんさんは少年時代こそ終わったとはいうものの、常時掛け持ちで何かやっておられますもんね〜
当方も、石垣が全然まだですので、ちょうどいいかもしれませんね

>この本屋さん、いいですねぇ・・
でしょう〜ずっとあってほしいです

>隣の食堂も気になります。洋食も・・
表のショーケース、これがまたたまりません
すすけてしまった蝋細工のうどん、丼などなど
それに数体の色の剥げたまねき猫、
これがまたいいです

ついでに・・
この隣は薬屋さんだったんですが、後を継ぐ人がいなかったのか、廃業してしまいました
数年前、私にはめずらしく頭痛がしまして我慢できず薬を買いに行った時の話ですが、あいにく大きなものしかなく、どうしたものかと思案していると、
そこのおやじ、やおら薬の箱をベリッと開けて、
三分の一を「量り売り?」してくれました
考えられない話です
それにもう一つ、
店の横の自動販売機の期限切れ間近のジュースなどの飲み物を「会社の皆で飲んでください」と渡されたり・・
これも考えられない話です

また寄ります

ちいさなきょじん (2011/09/19 4:07 PM)
ついでに・・・
のお話に食いついてしまいました。
「量り売り」と「期限切れ間近ジュース」には大爆笑でした。
本物の「和時計」も置いてそうですね。









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/215