デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 久しぶりにアップしました「牡鹿のこと」1  | main | 牡鹿のこと3 >>
牡鹿のこと2(谷川浜)
牡鹿半島はかなり複雑な形をしています
いたるところに入り江があり、そのほとんどが漁港になっています
今回訪れて、初めてそのことを知りました
そして、点在している漁港のほとんどが壊滅状態、石巻中心部へ出る道路
はいたるところで寸断され完全に陸の孤島となっていた様です
石巻の中心部はマスコミもかなり大きく報道していましたが、半島に点在し
ている小さな漁港などは行政の手も届かず、長い間取り残されたままだっ
たのです
 
谷川浜(ヤガワハマ)
津波の被害が特にひどかったところで、巨大な津波に一切合財を持って
行かれ、津波が去ったあとは、もう何ひとつ残っていなかったそうです
そんな事もあってか、牡鹿のがれきのほとんどがここに持ち込まれるそう
で、がれき処理の機械の音だけが浜に響き渡り、数人が手作業で分別作
業をしていました

谷川小学校
2階の天井まで津波のあとが残っていました

音楽室、もうこれ以上は撮れませんでした

漁具が木にひっかかったままです

校庭からの眺め(望遠も何も使わずただ普通に立って撮ったものです)
校舎は海面から30mくらいのところに建っていて、素晴らしい眺望でした
それが2階の天井までやられてしまうというのですから、とんでもない高さ
の津波が襲ったのです
幸いこの小学校からは1人の犠牲者も出なかったとのことでした

小学校の近くの八幡神社、
石の鳥居が津波で折れてしまっていました
石段はボランティアの協力で最近修復したとのことでした

神社からの眺め
ここを数段上った所に鐘楼があり、その屋根ぎりぎりのところまで津波が
遡上してきたとのことです               あとすこし続けます
| imajin | 東日本大震災ボランティア関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/231