デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 牡鹿のこと3 | main | 「悪の教典」のこと >>
「のぼうの城」のこと
「のぼうの城」
[ざっぱなストーリー]
秀吉の命を受けた石田三成が、敵の北条氏傘下にある忍城(現埼玉県)を
2万余の軍勢で取り囲み、城に乗り込み有無を言わさぬ和議を迫る
多勢に無勢、一応体面だけは保てるよう筋だけは通しておいて、当初和議
に応じるつもりでいたのだが、使者の、人を小馬鹿にした様な横柄な態度が
領主成田長親の、今まで静かに眠っていたプライドに火をつける
(今風に言い換えればカチンときたわけです)
よく通る声で「戦います!」と一言
敵も家臣も予期しなかった突然の驚愕の「宣戦布告」

かねてから「のぼう様」と呼ばれ領民に慕われ庶民的で、暇さえあれば
農民の中に溶け込み、いくさなど縁遠い平和主義者の「でくのぼう」が、
こともあろうに、
わずか500の軍勢で無謀にも石田軍に立ち向かうこととなります
(中略)
なかなか落ちない忍城に手を焼いた三成は、利根川を堰止め「水攻め」を
敢行、
このシーン、震災後イヤというほど見せられた、あの津波の映像かと思う
ほどリアルで、震災で公開を見合わせていたことが頷ける
・・最終的には、
領主長親、それに家臣や長親を慕う農民たちの獅子奮迅の活躍で忍城は
最後まで持ち堪えます

痛快で本当に面白い映画、
「義」の為に、力なき小さき者たちが巨大なものに欲得抜きで立ち向かう、
こういうシチュエーション大好きです、最高傑作「七人の侍」もそうでした
上地雄輔、山口智充の演技も大したもの

余談ですが、
このストーリー、世界のクロサワが飛びつきそうな題材、
黒澤が撮ったら、もっととんでもない仕上がりになった事でしょうね〜
でも、CGはかたくなに拒むでしょうから、
   会社に膨大な制作費を要求・・
   まず忍城の緻密なセットを築き・・
   このセットでほとんどの予算を使い果たし・・
   その後、巨額の追加制作費を強要し・・
   どこぞのダムを買い取って・・
   水を貯めるだけに数ヶ月を費やし・・
   ・・・
   クランクアップは大幅に遅れ・・   
   
  でもやっぱり見てみたい!
  [KUROSAWA NOBOU]


次は「悪の教典」の感想を書いてみます
 
| imajin | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/233