デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 「のぼうの城」のこと | main | 復興支援文集「950キロのかけはし」完成 >>
「悪の教典」のこと

最悪な映画でした
これ以上のひどい映画今までみた事がない

勝手に湊かなえの作品だと勘違いして見に行ったのです
多分、日教組推薦のようなストーリーで、
・・つまり・・
イケメンの熱血教師が陰湿でねじ曲がった生徒達の心をなんとかしようと・・
しかし生徒たちのあまりの心無い言動にたまりかね・・
といったシナリオを勝手に膨らませ、あの「告白」の湊かなえだから絶対に
面白いだろうと思って見に行ったわけです
(あとで分かったのですが、湊かなえは「北のカナリアたち」でした)

[ざっぱなストーリー]
外見的には生徒からの人気も、先生達からの信頼も厚い高校のイケメン教師、
ところがそれは単なる表の顔、その実、とんでもない凶暴さを隠し持った精神
異常者(サイコパスとかなんとか言うらしいが、
              英語にしてしまうとなんとなく意味がうす口になる)
この男、自分の本性が明るみに出そうになると平気で人を殺す

あげく、文化祭の準備で夜遅くまで残っている自分の教え子のところへ散弾銃
を持って現れ、証拠を隠滅するため40人の教え子全員の皆殺しを図る
そして無防備な生徒たちに至近距離から平然と容赦なく散弾を浴びせる
驚く生徒たち、誰もが目の前の惨事に我が目を疑う、ただ訳がわからないまま
逃げ惑い、泣き叫び、救いを乞い、そして銃の轟音、血しぶき、これの繰り返し
次々と犠牲になってゆく子供たち、まるでゲームの世界のよう
床に転がる死体、壁にもたれかかる血まみれの身体
映画の中盤からラストまで殺戮シーンが嫌というほど続く、凄惨極まりない

そしてこのイカレた馬鹿は生残り殺し終えたあと目を輝かせほくそ笑んでいる
TO BE CONTINUEの字幕が出て、この見るに耐えない映画は終わる

ただ残酷なシーンを積み重ねただけで、
一体何が言いたかったのか単細胞の当方には全くわからん
B級映画にも値しない史上最低の映画
この映画を評価する人間が怖い
(原作は上下巻の長編で、しかもいろんな賞を受賞している様なので面白い
んでしょう多分、でも読む気全くなし)

ローマ映画祭で5分近くスタンディングオベーションが続いたとのことだが、
会場の奴らどうかしてる、頭がおかしい、全く理解に苦しむ

AKBの大島優子さんが「この映画キライ!」と泣きながらコメントしたそうだが、
「優子さん、貴女は至極ノーマル、
      面白いと言っている奴らがどうかしてる」

追記
写真手ブレしてますが、この馬鹿映画ならこれで十分
つまらない映画をみたときによく「金返せ」と例えますが、

この場合「気分が悪い」「慰謝料よこせ!」です
                              次は「中島みゆき」を書きます
| imajin | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/234