デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
<< 文集「950キロのかけはし」のこと(3)と残酷な子ども | main | こうあいだが空いてしまうと・・ >>
文集「950キロのかけはし」のこと(4)阪神淡路大震災+カラオケ
文集作成にあたり、18年前の阪神淡路大震災で被害に
遭われた方々にも原稿を依頼しました
文集を通じて僅かでも気持ちの共有ができれば・・という
強い思いからです
そして10名のみなさんから寄稿いただきました
18年もの間、忘れ去ることもできず心の底にくすぶり続け
て今日まで形に出来なかった想い、あるいは今まで誰にも
話せなかった心の底の澱の様なもの、そのすべてが原稿
用紙に一気に吐き出された感があり、当時の様子や現在
の心境など、どの文面からも重く深いものがひしひしと伝
わってきます

一篇だけですがここに紹介したいと思います

一月十七日・・あの日起こった出来事を、私は今まで多くの
人から当時の様子や状況、その凄まじさ、そして当時の苦
労を聞かれてきた。でも、私はいつも多くは語らなかった。
と言うより語れなかったし、語りたくなかった。
何故ならあの震災で私が見てきたもの、経験して感じてき
たものすべて・・。簡単に言葉で表すことなんて出来ない。
あの日の光景、恐怖、悲しみ、絶望、それと共に感じた人と
のつながり、温かさと温もり。その全ては経験した人にしか
わからない。伝えたい思いが強ければ強い程、言葉には表
せない。

人は全てを失い丸裸になった時こそ、その本質が浮き彫り
にされる。震災で人生が終わったと感じたあの日、未来を
失い何も考えられなくなったあの日。人々が今まで築き上
げてきた名誉、地位、学歴、財産、そしてプライド。一体そ
れらに何の意味があるのだろう。
全てを失った人々に残される大切なもの、それは人としての
人格、人間性、モラル、そして心・・。それらに勝るものなん
てないと私はあの時、強く感じた。良くも悪くも全てむき出し
になった人々を肌で感じ、そして本当に大切なものは何か、
自分の人生を見つめ直した。

あれから十八年の月日がたった今、あの日の感情、感じた
人々の温もりが私の中で生き続け、そこで生まれた価値観
で今の私が生きている。
これが唯一、私が言葉にして言えること。

そして、命を救われた私が、震災の経験を通してこれからす
るべきことは、我が子にあの時感じたひとの温もりを伝えて
行くこと。それを与えられる人間に育てて行くこと。
私自身がその温もりを出会った人々に伝えて行くこと。世の
中に当たり前なんてない。
全ての事に感謝し、今を大切に生きること・・。・・(後略)・・

       (神戸市東灘区で被災された方の文です)
   
      ************

発刊から三ヶ月余り、1.000部作成しましたが、おかげさまで
手元にはもう数冊しか残っていません
より多くの人たちに牡鹿半島を知っていただくため増刷を計画
しています

*タイトルの「950キロのかけはし」の950キロとは阪神間か
 ら 牡鹿半島までを車で走った時の走行距離のことです

                          終わります

最近「一人カラオケ」にはまっています
フリータイムで平均5〜6時間、
コーラ一杯で休みなくおらび続けております
それで料金1050円
安すぎ! です
陽水・みゆき・拓郎・いきもの・古い演歌などを歌いますが、
好きな曲は2回3回と繰り返し歌います
先日、全国ランキングでなんと1位!!
曲名は「小さき負傷者たちのために」中島みゆきの曲です
でも、私の前には2人しか歌っていなかったようで・・
いい曲なんですけどね〜
(よろしければYouTubeでどうぞ・・)
近々カラオケ関連でアップしてみようかと思っています
少し勇気が要りますが・・
| imajin | 東日本大震災ボランティア関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://imajin-castle.jugem.jp/trackback/242