デアゴスティーニ安土城 「築城つれづれ」

風に吹かれて 〜こころのおもむくままに・・・
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
あしあと
あしあとテスト
PROFILE
SEARCH
「悪の教典」のこと

最悪な映画でした
これ以上のひどい映画今までみた事がない

勝手に湊かなえの作品だと勘違いして見に行ったのです
多分、日教組推薦のようなストーリーで、
・・つまり・・
イケメンの熱血教師が陰湿でねじ曲がった生徒達の心をなんとかしようと・・
しかし生徒たちのあまりの心無い言動にたまりかね・・
といったシナリオを勝手に膨らませ、あの「告白」の湊かなえだから絶対に
面白いだろうと思って見に行ったわけです
(あとで分かったのですが、湊かなえは「北のカナリアたち」でした)

[ざっぱなストーリー]
外見的には生徒からの人気も、先生達からの信頼も厚い高校のイケメン教師、
ところがそれは単なる表の顔、その実、とんでもない凶暴さを隠し持った精神
異常者(サイコパスとかなんとか言うらしいが、
              英語にしてしまうとなんとなく意味がうす口になる)
この男、自分の本性が明るみに出そうになると平気で人を殺す

あげく、文化祭の準備で夜遅くまで残っている自分の教え子のところへ散弾銃
を持って現れ、証拠を隠滅するため40人の教え子全員の皆殺しを図る
そして無防備な生徒たちに至近距離から平然と容赦なく散弾を浴びせる
驚く生徒たち、誰もが目の前の惨事に我が目を疑う、ただ訳がわからないまま
逃げ惑い、泣き叫び、救いを乞い、そして銃の轟音、血しぶき、これの繰り返し
次々と犠牲になってゆく子供たち、まるでゲームの世界のよう
床に転がる死体、壁にもたれかかる血まみれの身体
映画の中盤からラストまで殺戮シーンが嫌というほど続く、凄惨極まりない

そしてこのイカレた馬鹿は生残り殺し終えたあと目を輝かせほくそ笑んでいる
TO BE CONTINUEの字幕が出て、この見るに耐えない映画は終わる

ただ残酷なシーンを積み重ねただけで、
一体何が言いたかったのか単細胞の当方には全くわからん
B級映画にも値しない史上最低の映画
この映画を評価する人間が怖い
(原作は上下巻の長編で、しかもいろんな賞を受賞している様なので面白い
んでしょう多分、でも読む気全くなし)

ローマ映画祭で5分近くスタンディングオベーションが続いたとのことだが、
会場の奴らどうかしてる、頭がおかしい、全く理解に苦しむ

AKBの大島優子さんが「この映画キライ!」と泣きながらコメントしたそうだが、
「優子さん、貴女は至極ノーマル、
      面白いと言っている奴らがどうかしてる」

追記
写真手ブレしてますが、この馬鹿映画ならこれで十分
つまらない映画をみたときによく「金返せ」と例えますが、

この場合「気分が悪い」「慰謝料よこせ!」です
                              次は「中島みゆき」を書きます
| imajin | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「のぼうの城」のこと
「のぼうの城」
[ざっぱなストーリー]
秀吉の命を受けた石田三成が、敵の北条氏傘下にある忍城(現埼玉県)を
2万余の軍勢で取り囲み、城に乗り込み有無を言わさぬ和議を迫る
多勢に無勢、一応体面だけは保てるよう筋だけは通しておいて、当初和議
に応じるつもりでいたのだが、使者の、人を小馬鹿にした様な横柄な態度が
領主成田長親の、今まで静かに眠っていたプライドに火をつける
(今風に言い換えればカチンときたわけです)
よく通る声で「戦います!」と一言
敵も家臣も予期しなかった突然の驚愕の「宣戦布告」

かねてから「のぼう様」と呼ばれ領民に慕われ庶民的で、暇さえあれば
農民の中に溶け込み、いくさなど縁遠い平和主義者の「でくのぼう」が、
こともあろうに、
わずか500の軍勢で無謀にも石田軍に立ち向かうこととなります
(中略)
なかなか落ちない忍城に手を焼いた三成は、利根川を堰止め「水攻め」を
敢行、
このシーン、震災後イヤというほど見せられた、あの津波の映像かと思う
ほどリアルで、震災で公開を見合わせていたことが頷ける
・・最終的には、
領主長親、それに家臣や長親を慕う農民たちの獅子奮迅の活躍で忍城は
最後まで持ち堪えます

痛快で本当に面白い映画、
「義」の為に、力なき小さき者たちが巨大なものに欲得抜きで立ち向かう、
こういうシチュエーション大好きです、最高傑作「七人の侍」もそうでした
上地雄輔、山口智充の演技も大したもの

余談ですが、
このストーリー、世界のクロサワが飛びつきそうな題材、
黒澤が撮ったら、もっととんでもない仕上がりになった事でしょうね〜
でも、CGはかたくなに拒むでしょうから、
   会社に膨大な制作費を要求・・
   まず忍城の緻密なセットを築き・・
   このセットでほとんどの予算を使い果たし・・
   その後、巨額の追加制作費を強要し・・
   どこぞのダムを買い取って・・
   水を貯めるだけに数ヶ月を費やし・・
   ・・・
   クランクアップは大幅に遅れ・・   
   
  でもやっぱり見てみたい!
  [KUROSAWA NOBOU]


次は「悪の教典」の感想を書いてみます
 
| imajin | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
牡鹿のこと3
宮城県牡鹿郡女川町野乃浜「マイルーム野乃浜」 ここが宿泊先、
ほとんどすべての客が女川原子力発電所で働く人たち
狭い部屋に狭い風呂、娯楽施設などまったくなく、作業員の「ねぐら」といった
感じの宿でした 

3階の部屋の左手の眺め、正面は道を隔ててすぐ海が広がっていました
手前の木立の向こうから山の斜面にかけて家が立ち並んでいたとのこと

震災前はガソリンスタンド、日用品店、酒屋があったとのことですが、
今は何も残っていません、堤防もガードレールもまだ当時のままです

2階から3階に上がる階段に津波の高さを示した線が貼ってありました
2011.3.11.  14:46地震発生 15:30津波襲来と書いてあります
この宿も谷川小学校同様、かなり高台にあるんですけど・・
その津波の高さをなんとか理解しようとしましたが、いまだに出来ません

夕食時、食堂のまかないの方と話をしている内、その方の仮設にお邪魔
する、ということになりました
翌朝、ご主人(たくましくてかっこいい漁師さん)も交えて、津波のこと、
ご家族のこと、亡くなられた方たちのこと、これからのこと、などなど、
貴重なお話を聞かせていただきました

東浜小学校
ここは津波の被害は免れ、生徒も全員無事だったそうですが、
長期間被災された方々の避難所となり、また災害対策本部に充てられて
いたとのことでした
震災直後に行われた入学式、
新一年生は女の子1人だったそうです
それでも紅白の幕を張り、地元の獅子舞などで新入生を迎えています
立派な入学式です、u-tubeで観ました
余談ですが、
現在、ここの子供たちの作文も含めた文集「950キロのかけはし」
作成中(当方補佐)、来年の早い時期に完成予定です

牡鹿半島を離れ、最後にすこし石巻中心部をまわりました
港にある倉庫は、がれきこそ取り除かれてはいたものの、壊れたまま、
中はがらんとしていました
高台の日和山から街を見渡すとあちこちにがれきの山が目につき、
訪れた人たちの口からは、震災の話しか聞こえてきませんでした
駅前通りの商店街では入口を板戸で打ち付けた店を数多く見かけました
結構人通りはありましたが、その半数以上はボランティア(多分)

門脇小学校
紅白歌合戦で長渕剛が「ひとつ」を熱唱したところです
まだあのままでした

後ろを振り返るとコンビニ?が壊れたまま立っていました
辺り一面360度、雑草が生え放題、復興までの道のりの長さを想いました

来春、もう一度同じコースをめぐって、今回お会いした人たちともう一度会い
その後のお話をお聞きしようと思っています
                                   おわり 
| imajin | 東日本大震災ボランティア関連 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
牡鹿のこと2(谷川浜)
牡鹿半島はかなり複雑な形をしています
いたるところに入り江があり、そのほとんどが漁港になっています
今回訪れて、初めてそのことを知りました
そして、点在している漁港のほとんどが壊滅状態、石巻中心部へ出る道路
はいたるところで寸断され完全に陸の孤島となっていた様です
石巻の中心部はマスコミもかなり大きく報道していましたが、半島に点在し
ている小さな漁港などは行政の手も届かず、長い間取り残されたままだっ
たのです
 
谷川浜(ヤガワハマ)
津波の被害が特にひどかったところで、巨大な津波に一切合財を持って
行かれ、津波が去ったあとは、もう何ひとつ残っていなかったそうです
そんな事もあってか、牡鹿のがれきのほとんどがここに持ち込まれるそう
で、がれき処理の機械の音だけが浜に響き渡り、数人が手作業で分別作
業をしていました

谷川小学校
2階の天井まで津波のあとが残っていました

音楽室、もうこれ以上は撮れませんでした

漁具が木にひっかかったままです

校庭からの眺め(望遠も何も使わずただ普通に立って撮ったものです)
校舎は海面から30mくらいのところに建っていて、素晴らしい眺望でした
それが2階の天井までやられてしまうというのですから、とんでもない高さ
の津波が襲ったのです
幸いこの小学校からは1人の犠牲者も出なかったとのことでした

小学校の近くの八幡神社、
石の鳥居が津波で折れてしまっていました
石段はボランティアの協力で最近修復したとのことでした

神社からの眺め
ここを数段上った所に鐘楼があり、その屋根ぎりぎりのところまで津波が
遡上してきたとのことです               あとすこし続けます
| imajin | 東日本大震災ボランティア関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
久しぶりにアップしました「牡鹿のこと」1 
先日、連休を利用して宮城県の牡鹿半島を訪ねました
震災直後から牡鹿とは少なからず関わりを持ってはいましたが、
訪れたのは今回が初めてでした

荻浜(オギノハマ)
ピンクのフォークリフト
私たち「グループねこの手」の支援活動のシンボル
後ろは建設中の牡蠣の加工場

桃浦
人の気配まったくなし


生活の跡


牧浜
牡鹿のほとんどの漁港が牡蠣の養殖を本業とされています
大津波のあと苦労してやっと育てた牡蠣ですが、今のところ加工施設が
無いために殻のままでしか出荷できないとのこと
したがって価格もむき身の2割程度
「ワシら、これしか出来んから・・」と悲しく笑っておられました

蛤浜(ハマグリハマ)
海に向かって立つともう何も残っていません
振り返れば高いところに数軒、津波を免れた家が残っていました
ほんのわずかな海抜の違いで、まったく違う光景でした    続けます




| imajin | 東日本大震災ボランティア関連 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
その男、怠惰につき・・・似顔絵公開
犯人似顔絵  罪状・・安土城築城怠慢の罪」

先日、仕事仲間が退職、
記念に似顔絵を描いてもらいました
かねてより彼の勢いのある画風が好きでしたので・・

退職後数日経って、期待通り、いやそれ以上の仕上がりの
このすばらしいイラストを届けてくれました
本当にうれしく本当に満足しています
ハッピーまで描いてくれてるし・・

「好きなように描いてくれたらええ、任せるわ・・」と手渡した2枚の写真
昼休みに撮ったスナップ1枚と免許証用の小さな顔写真1枚、ただそれだけで
これだけのものを作れる才能に、ただただ「脱帽」です
当方の顔はともかく、ハッピーはもう感じがそのまんま、笑ってしまいます
ハッピーに関しては写真も何もなかったんですけどね〜

私にとってまさにプライスレスの「宝物」が出来ました

今回この申し出をこころよく引き受けてくれたM君に「心より感謝」です
| imajin | なんでもかんでも | comments(0) | trackbacks(0) | - |
近況報告(2)
安土城製作を怠けている現状に合わせて休眠状態の当ブログ、
久々にアップしてみます
ごちゃまぜですが・・

「ハッピー」
早いもので、この8月で満2歳になります



近くの公園で・・
クローバーの髪飾りらしきものが落ちてたので首から掛けて撮りました
(子供たちが作って遊んでいたのでしょう)ハッピーには少し大きすぎました

指でピストルを作り「バーン」とやると「ヨシ!」と言うまで横になって動きません
と言っても、目はキョロキョロ、それにしっぽは盛んに動かしますが・・


「映画」

休眠中の間に数本の映画を観ましたが、
中でも「テルマエ・ロマエ」が一番面白かった

元々少しマイナーな月刊マンガ雑誌に連載されていたもののようで、
ブレイク後TVアニメにもなっていたらしいです
主人公が古代ローマと日本を何回もタイムスリップしながらストーリーが展開し
ます
話の軸になっているのは、壁に富士山の描かれたあのなつかしい銭湯、
古代ローマの風呂と日本の風呂、それらにまつわる奇想天外な話です
u-tubeにアップされています、面白いです、楽しいです

「金環日食」
この日は1時間早く家を出て会社近くの港から見ました

リングになった瞬間の写真ですが、「何のことやらわからん」タダの写真

上の写真以上に「何のことや分からん」金環日食の写真です
でも体感出来たので満足です
その時、一瞬風がサーッと流れて温度も明らかに下がりました
「おぉー!」という感じでした

「日面経過」
金星が太陽の前を横切って行くのを仕事中、何度も抜け出して観察しました
写真も何枚か撮りましたが、
結果・・
上の写真の白い点の無いもの
つまり・・
「真っ黒」でした、アップの仕様もありません
それにしても金星に比べ太陽のなんと大きいことか・・

PARIS MIKI製の日食グラス
こいつが続けざまに2回も役立つとは・・まさに奇跡の年です
金環日食の2週間くらい前、店先のポスターが目に留まり買ったものです

この店いつも眼鏡を作ってもらってる所で、ついでにと視力も調べてもらいました
これがいけなかった!
結局は眼鏡まで買う羽目になってしまいました

「和時計を作る」

「・・・」

そういえば・・・
会社の人が製作している「ロボゼロ」があと2回で完成です
楽しみです
 
| imajin | なんでもかんでも | comments(2) | trackbacks(0) | - |
中島みゆき「夜会」2/2のこと

数週間前、待望の「夜会」に行ってきました
タイトルは2/2(ニブンノニ)
この作品、初演はなんと17年前の1995年、翌年がVOL.8「問う女」で、
その翌年もう一度2/2の再演、そして今回が3回目の公演でした
初演版のDVDを観たのですが、今回は曲も舞台装置も大幅に変えてありました

出版社の美術編集部に勤める「莉花」(中島みゆき)と日本画家の「圭」の物語、
一応そういうことなのですが・・

[ざっぱなストーリー]
・圭のアトリエ
出版社は地味な「圭」の絵を以前ほど評価してくれません、毎回書き直しです
それを伝えるのは莉花の仕事、そんな訳で度々圭のアトリエへ出入りします
でも、莉花は彼の絵のタッチが気に入っていて、そして数少ない理解者です

やがて二人の距離はゆるやかに縮まって行きます
何気ない会話にも幸せを感じるアトリエでのかけがえのないひとときです

ところがそんなとき決まって自虐的な「別の人格」が突然顔を覗かせます
心の奥底に棲むもう一人の自分が
「オマエは幸せになんかなってはいけないんだ」とささやきかけます
なぜか別の人格が邪魔をし、自身をたびたび苦しめるのです

やがて、そのおぞましい自分に何もかも支配されてしまい、そして確信します
「そう!やっぱりわたし、もともと幸せになんかなれないんだ!」
もう「狂気」です

すべてに絶望した莉花は圭には何も告げず、ベトナムへと旅立ちます

・ベトナムの安ホテル
あてもなく小さな町の安宿に身を置きますが、熱病に冒されます
気弱になってしまった莉花はホームシックに・・
あげく、フラフラとさまよっていた市場でひったくりに遭い犯人を追いかけていて
交通事故に遭ってしまいます
(莉花の背後でヘッドライトが激しく光って・・暗転・・) 
     ・・・・ここで20分間の休憩・・・・

・ベトナム竹製品加工場
事故のときたまたま居合わせた竹製品加工場の女工場主とその娘が莉花の様
子を見かねて家へ連れ帰り介抱、そののちも家族のように接してくれます
やがて傷も癒え元気を取り戻した莉花は、「この地で生きてゆこう」と決意します

一方、圭は莉花の手掛かりを求めて厳冬の福井、新潟を訪ね、莉花にだけ明か
されなかった出生の秘密を知ります
方々探し回ったあげく、ようやくこの小さな町で莉花と再会、新潟の産院で莉花
をとりあげたという看護婦長の話をします

「貴女は双生児の妹、でもお姉さんはこの世に生れ出ることはなかった」
「でも、姉さんがこの世に出てこれなかったのは貴女のせいじゃない」
「自分のへその緒が首に巻きついて・・・」
思いもしなかった突然の話に莉花は驚愕し、うろたえますがますが、
やがて今まで自分を苦しめていた「何か」がぼんやりと見えてきます

自分が幼いころ、蚊帳の中で夢うつつの中で聞いた
「莉花がもっとはやく出てくれさえしていたらあの子は死なずにすんだのに・・」
「あの子のせいで茉莉は・・」
「シーッ!莉花に聞こえるわよっ!」
「大丈夫、ぐっすり眠ってるから・・」の肉親のひそひそ話

夢の中の会話とも現実ともつかぬ、幼児期の頃のあのおぼろげな潜在的記憶が
フラッシュバックして、これまで莉花を苦しめていたのです

圭の話を聞いていくうちにゆっくりと「呪縛」から解き放たれる自分を感じ・・      

おおむねこんなストーリーでした
コンサートなら途中MCが入ったり、ミュージカルなら曲が終わったとき拍手した
りしますがこの「夜会」はそのどちらにも属さない全編音楽で埋め尽くされた夢の
様な空間、本当に不思議な世界でした

舞台いっぱいの竹林の中、着物姿の莉花の姉(茉莉)の「魂」がぼーっと灯った
ちょうちんを持って、うす暗がりの中をこちらへ歩いてくるシーンが印象的でした

素晴らしい演出
素晴らしい舞台美術
素晴らしい演奏(お馴染みの面々がみんな奈落の底で熱演しておりました)
素晴らしい歌声(でも知っている曲は「二隻の舟」の1曲だけ)

次また大阪でやることがあったら是非行こうと思っています
会場ロビーの様子
コンサート等は6時半か7時開演が普通なのですが「夜会」はいつも8時が開演
終わったのが10時半すぎ名塩サービスエリアでうどんを食べたあと少しゆっくり
して、結局、家にたどり着いたのは1時前でした

「安土城」も「時計」も止まったまんま、
そのうち・・・そのうち・・・で「時」だけがいたずらに流れております















 
| imajin | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
近況報告

「ハッピー」です、少し大きくなりました

近くのブルボンビーンズドームという所で男子テニスデビスカップ杯がありました
土曜日、天気も良かったので当日券でもあれば・・と行ってみたのですが、
数週間前にすべて完売とのこと
当日券なんてとんでもない話でした
結局、ドームの外から沸き起こる歓声だけを聞いて帰りました
詳しいことはあまりわかりませんが、
今日、どうやら対戦相手のクロアチアに負けてしまったようです

数週間前、清盛歴史館とやらがオープンしました
当日昼休みに行ったのですがあいにくの小雨模様、客足もまばらでした
気の毒に・・でもまぁーこれからでしょう
土産物売り場は例によって「清盛まんじゅう」だの「「清盛ワッフル」だのと
なんでもかんでも清盛清盛、メザシまでもが清盛です
「なんてこった!」
苦笑しながらも当日の記念にイケメン清盛のイラストをプリントしたバスタオルと
イケメンTシャツ、〆て4千円協力しました
暖かくなったら昼休みにちょくちょく様子を見に行こうと思っています
楽しみです

近くのスナップです

安土城はとまったまま、
和時計に至っては2号まではやってますがそのあとは積みあがる一方、
とにかく安土城を完成させないことには・・・
とりあえずこんなところです

今週、中島みゆきの「夜会」行きます、楽しみです 
| imajin | なんでもかんでも | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ヴィッセル神戸ホーム最終戦観戦記

日曜日ヴィッセル神戸ホーム最終戦を観戦してきました
Jリーグの試合を観るのは2回目、
十数年前、保険屋のおばちゃんにチケットをもらって出かけた長居競技場での
ガンバとセレッソ以来です

先発メンバー

試合の様子



ホームでの最終戦ということもあり試合前からサポーター席はものすごい熱気

入口で貰った新聞紙1面分よりやや大きめサイズの「VISSEL KOBE NEWS」
4折りにした中面がこのようになっていて試合前とハーフタイムにこれを掲げます

で・・、
掲げた写真がこれ、
もう「クリムゾンレッド」一色に染め上げられております

ジュビロ磐田のサポーター側
アウェーならこんなもんなんでしょうね〜
数は少ないとはいえ負けていません!
熱のこもった迫力あるすばらしい応援でした
肝心の結果は・・
前半19分 北本(神)
   25分 相馬(神)
後半35分 前田(磐)
   42分 森岡(神) という結果でした
終了間際、森岡のネットに突き刺さるミドルシュートが印象に残っています


| imajin | なんでもかんでも | comments(7) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>